しらべぇ

痴漢冤罪を回避?「名誉毀損」を訴えた男性に注目集まる

東急田園都市線・青葉台駅で人身事故発生。痴漢と同様に、痴漢冤罪にも対応を求める声が

話題

駅

(Art Wolfe/iStock/Thinkstock)

相次ぐ痴漢容疑をめぐる事件。昨日15日にも東急田園都市線青葉台駅で痴漢を申告された男性が線路内に飛び降り、列車にはねられ死亡する事故が起こった。

痴漢および痴漢冤罪に対する議論が活発化する中、しらべぇでもレイ法律事務所の河西邦剛弁護士のコラム内にて、「現行犯逮捕されない重要性とその対処法」を詳しくお伝えした。

そんな中、ツイッター上でも投稿を集めたツイートがある。

 

■「名誉毀損で訴える」と冷静な対応

ツイッターユーザーのラピスさん(@lapis1127)の一連の投稿。彼女が朝の電車内で遭遇したという、痴漢騒動について述べたものだ。

まず、女性がヒステリックに「この痴漢! 降りなさいよっ!」と叫んだそう。それに対し男性は「違います」「ふざけてるのはそちらじゃないですか」と冷静に対処。落ち着いた様子で

「左手はつり革を掴んで、右手はスマホをいじってる。どうやったら貴女の下半身を触れるのか、論理的に証明できますか」

 

と痴漢をできない状況だったことを説明。その上で

「私にも家族や会社がある。貴女の一時の錯乱でそれを無にする訳にはいかない。貴女が痴漢で訴えるなら私は名誉毀損で訴えるつもりです」

 

と述べた。これにはずっと「痴漢!」と連呼していた女性も沈黙することに。

ラピスさんは痴漢の有無はわからないとしながらも、「冤罪から逃れるために線路に逃げる以外の道が拓けるといいですね」との言葉で投稿を締めくくった。

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集