しらべぇ

昼食の予算はどのくらい?ママ友ランチの結構な出費に驚き

平日ランチの予算を調査すると、男女で大きな違いが。とくに主婦層がお金を使っているようで…

ライフ

毎日のことなのに意外と迷う平日のランチ。コンビニで買ってきて食べる人、社食を利用する人や外へ出かける外食派。昼間に家にいる人なら、作って食べる人だっているだろう。

また、弁当を持参するOLも多い。7、8年ほど前に流行した、サラリーマンが自分で弁当を作る「弁当男子」も、そこまで珍しくない存在に。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,344名を対象に、平日のランチに関して調査を実施した。

((C)写真AC)

 

■ランチ予算は500円台が主流

平日ランチの予算を答えてもらったところ、「500円台」と回答した人は21.9%と一番多い。男性では26.3%。市販のお弁当や、社食の価格帯と予想できる。

また、400円台、300円台はそれぞれ9.1%。長引くデフレも影響しているのか、ワンコイン以内で抑えられる食堂や、スーパーの弁当などをうまく利用しているようだ。

300円未満も8.6%と少なくない。カップ麺やおにぎり、サンドイッチなど、お昼は軽くしか食べない人も多そうだが、地域によっては、ドン・キホーテの200円弁当や、安さで知られる大阪の「スーパー玉出」なら、200円台でもお腹いっぱいになれそう。

なお、お金をかけない「0円」と回答したのは15.1%。

少しでもお金を貯めようと倹約するため、昨日の余ったおかずでお弁当を作るイメージか、もしくは忙しすぎて、お昼を食べない人もいるのだろうか。

 

■意外と多い…ママ友ランチ会の出費

一方で、「1,000円以上」と答えたのは9.4%。男性は4.0%だが、女性は14.8%と10ポイント以上の差がある。

さらに専業主婦の22.5%はランチ予算が1,000円を超えると答えている。

以前、しらべぇではママ友ランチ会に関する体験談を紹介しているが、高級レストランで開かれることもザラなのだそう。調査を通じて改めて、専業主婦のランチの実態が垣間見える結果になった。

それぞれの立場や置かれた状況によって、ランチにかける金額もさまざま。

予算はさておき、ランチは、仕事の合間の休憩として、リラックスをするための大切な時間。英気を養って午後のやる気に繋げよう!

・合わせて読みたい→【実話アリ】怖ろしい“ママ友ランチ会” その最強処世術「出ない杭」作戦とは?

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,340名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集