しらべぇ

マクロン次期大統領夫人は25歳年上…年上女性が恋愛対象になる割合は?

40歳の女性に15歳の少年が恋をした? フランス次期大統領と夫人の年の差が話題

男女

@足成

フランス次期大統領への就任が決まったエマニュエル・マクロン前経済相(39)の妻、ファーストレディーとなるブリジット夫人(64)。

夫よりも25歳年上で、高校時代は生徒と教師の間柄だったということが話題になっている。

 

■15歳の少年が40歳の大人の女性に恋する?

ブリジット夫人が高校教師として仏文学とラテン語を教えていた頃、彼女が顧問を務めていた演劇部で、15歳の生徒と40歳の教師という立場で出会った2人。ネット上では…

・マクロン氏がマクロン氏の妻と結婚したことで、マクロン氏にマクロン氏より年上の子供ができたとか面白すぎる

 

・フランスって本当に恋愛に寛大。これ、男女逆だったらどう受け止められるのだろう

と、想像を超えた年齢差に戸惑いと驚きの声が多数見られる。

 

■10歳以上年上でも恋愛対象な男性は少数派

しらべぇ編集部で、全国20〜60代の男女1,400名に調査した結果、「10歳以上年上でも恋愛対象」と答えたのは、全体で37.2%。男性は30.5%で、女性は44.0%と、男性は女性より13ポイント少ない。

10歳年上恋愛対象

年代別で見ても、男性はどの年代でも3割前後と少ない。

10歳年上恋愛対象性年代別グラフ

 

■連想してしまうペタジーニ氏

中には…

・ペタジーニ…さすが恋愛フリーダムなフランス

 

元プロ野球のロベルト・ペタジーニ選手と25歳年上のオルガ夫人を思い出すという趣旨のコメントも…。

まったく違う立場の2人だが、ブリジット夫人も娘もマクロン氏の高校のクラスメイトと報道されており、オルガ夫人も大学時代の先輩の母だったことを思うと、連想してしまうのも無理もないことだ。

ちなみに、ペタジーニ夫妻は2013年に離婚したと報道され、話題になった。

1977年生まれの39歳という若さでフランス次期大統領への就任が決まったマクロン前経済相の年齢も充分驚くべきこと。

しかし、多くのニュースで夫妻の年齢差がタイトルに使われている所を見ると、よりいっそう世間の目を引く「珍しい事例」ということなのかもしれない。

・合わせて読みたい→努力の結果?昔は老けて見られていた人が若く見られる理由

(文/しらべぇ編集部・星子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集