しらべぇ

「5連休で大型なら5連勤は…」 GW明けツイートに共感の嵐

ゴールデンウィーク(GW)の大型連休も、冷静に考えれば大型でもない?

話題

(Electra-K-Vasileiadou/iStock/Thinkstock)

「最大9連休」と言われた今年のGWも昨日で終了。月・火に有給を取得できなかった結果、5連休程度に落ち着いた人が多かったと思われるが、それでもテレビなどでは「大型連休」扱いされていた。

今、この言葉をめぐって違和感を訴えたツイートが注目を集めている。

 

■5連勤は大型労働にはならないのか?

とあるツイッターユーザーの投稿。毎週5日働いていていても「大型労働」と呼ばれることはないが、5日休めばすぐに「大型連休」と言われるのはおかしい、というものだ。

たしかに、我々は毎週当たり前のように5日きっちり働いている。だが、その日数が多いとされることはまずなく、むしろサービス残業や休日出勤によって働く時間が増えることもしばしば。しかし、これが休日となれば即座に「大型」として扱われてしまうのだ。

このような声は他にも見られ、たとえば以下のツイートは5,000以上のRTを集めている。

 

■45%は「日本は休暇日数が少ない」

ちなみに、しらべぇ編集部が行った調査では「日本の休暇日数は少ない」と答えた人は全体の45%。休日を増やしてほしいと考えている人は少なくないよう。

 

■経営者は1割しか該当せず…

しかし、職業別では悲しい結果も。経営者で「日本の休暇日数は少ない」と考えている人は、わずか1割に過ぎなかったのだ。

現状で適切、あるいは「もっと働いてもいいくらい」と思っている人が多いのだろうか。

 

GWが終わった今、次の祝日がやって来るのは7月。17日の海の日だ。それまでなんとか気をたしかに持って、迫りくる仕事を乗り越えていきたい。

・合わせて読みたい→言ってみたら意外と解決することも? 連休明けに心配な五月病

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 

  調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日

  対象:全国20~60代の男女1363名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集