しらべぇ

バービーの「生尻」に視聴者も笑い泣き 仲間を想う「捨て身の芸」に拍手喝采

『イッテQ登山部』で体を張って仲間を鼓舞したバービー。「笑い」が持つエネルギーを、彼女は身を呈して教えてくれた。

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

7日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)は、毎年恒例となっている「シャッフル企画」を3時間スペシャルで放送。

森三中を筆頭とする「女芸人軍団」が挑むこととなったのは、普段イモトアヤコが担当している『イッテQ登山部』のコーナーだ。

現地ガイドやポーター、国際山岳ガイドなど登山のプロフェッショナルを招集し、総勢40名で目指したのは台湾の名峰『南湖北山』。標高は3,536mだ。

登山部初参加となるおかずクラブ・オカリナ、バービー、椿鬼奴の3人を迎え、女芸人7人全員の登頂を試みるが…。

 

■バービー、登山道で「生尻」晒し仲間を鼓舞

予想以上の過酷な登山に、スタートから僅か1時間で弱音を吐き始める女芸人軍団。中でも森三中・黒沢が早くも危険な状態に。

登山隊に負のオーラが立ち籠め始めたことを察したバービーは、草陰に隠れてコソコソ。彼女の不審な行動に気付いたメンバーが近寄ると、ジャージを破いて「生尻」を晒す体を張った一芸を披露し、登山隊に笑いが巻き起こった。

その後、わざと先頭に立ってお尻を出しながら歩みを進めたバービー。「お尻を見ながら山を登る」というちょっとおかしな状況に、その後弱音を吐くメンバーはいなくなった。

 

■「最終アタック」目前で体調不良により無念の下山

初日には快調な歩みを見せていたバービーだったが、その後動悸が治まらなくなり、最終アタックを目前にして山岳ガイドより「下山」の指示が下る。

彼女が去ったことですっかり士気を失ってしまった女芸人軍団。その後、森三中の黒沢・大島がリタイアし、最終的にはたんぽぽ・川村、オカリナ、いとうあさこ、椿鬼奴の4人が目標地点を『審馬陳山』に変更し登頂成功。

煮えきれない思いで下山道を歩き、ゴールまで残り数百メートルのところで、白い水着姿のバービーが登場。

志半ばで下山を宣告された仲間との再開に登山隊は再び活気を取り戻し、登頂は叶わなかったものの、バービーはムードメーカーという任務を完遂した。

 

■バービーの勇姿に涙する視聴者続出

番組放送後、反響を受けてバービーはツイッターにて、現在は体調は回復していることを報告した。

過酷な状況でも体を張って仲間を鼓舞したバービーの勇姿に、お茶の間は感動の渦に包まれた。彼女のSNSには、登山部での勇姿を称えるメッセージが続々と寄せられている。

・あんたエライっ!凄い!尻出した時感動しました。みるみる皆さんが元気になるのが伝わった。

 

・旦那と2人で涙を流しながら観ましたよ…大好き!最高の
女性です!

 

・めっちゃ感動しました!バービーさん最高!

 

・久々にテレビで泣きました!明日から仕事頑張れそうです。ありがとうございます

 

・プロ根性!!

 

 

・みんなを想う優しさとお笑いへの思いの強さに感動しました

 

 

GW最終日の憂鬱な気持ちから、バービーを見て元気を貰ったという人は少なくなかったようだ。

バービーをはじめ、個性豊かな新メンバーを迎えた「イッテQ女芸人軍団」。次こそ「全員登頂」の悲願達成を期待したい。

・合わせて読みたい→奇跡のコンビ? 『イッテQ!』デヴィ夫人と出川哲朗の探検隊が面白すぎる

(文/しらべぇ編集部・もやこ

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集