しらべぇ

「真鍮入り竹刀で…」受験戦争の時の学習塾「体罰」に平成のネット民戦慄

80年代の厳しい「受験戦争」を勝ち抜くため、学習塾が行っていた「スパルタ指導」の実態を取材したVTRが話題に。

社会

(TongRo Images Inc/iStock/Thinkstck)

教育現場で度々話題にあがるのが「体罰」の問題。「モンスターペアレント」という言葉も誕生する現在では、体罰はおろか教員は生徒に接する際、特段気を遣わなければならなくない状況だ。

そんな中、30日放送の『フルタチさん』(フジテレビ系)では、歴史に残るさまざまな事件・事故現場での取材の裏側について特集が組まれた。

数々の歴史的ニュースが映像と共に蘇る中、80年代に熾烈を極めた「受験戦争」での「ある問題」について、キャスターが体当たり取材を行った映像が、話題となっている。

 

■「真鍮入り竹刀で尻叩き」80年代のスパルタ指導に驚愕

難関大合格を目指す当時の進学塾では、生徒の精神面を鍛えるため、「スパルタ指導」が日常的に行われていたという。

この「指導」の実態について、当時のフジテレビ取材班がある学習塾を訪問し、男性キャスターが体を張ってリポートすることに。

生徒と同じく机に手をつき、「お願いします」と言って教員にお尻を突き出す。すると、教員が竹刀振り上げ力一杯お尻を叩いた。「パシッ」という乾いた音と共に、激痛に顔を歪める男性キャスター。

あまりの激痛に竹刀を見せてもらうと、中に真鍮が仕込まれていた。

さらに「指導」はこれだけに留まらない。最も「スパルタ」な指導があると言われ、パンツ一丁の格好でシャワー室のような部屋へキャスターが誘われる。

すると、バケツに入った冷水を頭から浴びるよう指示され、その後手洗い場のようなところに手をつき、先程の竹刀でもう一発「バシッ」と今度は背中を叩かれた。

ヨロヨロと立ち上がり、部屋を出るなりうずくまってしまう男性キャスター。その背中は竹刀の跡で真っ赤に腫れていた。

 

■衝撃映像にネット騒然

現在では考えられない「体罰」の実態に、若いユーザーを中心にネットには衝撃が走った。

衝撃的な映像に、当時の「スパルタ指導」を批難する声が相次いでいる。また、わざわざ真鍮を仕込んで竹刀を「凶器」のように扱っていたことについて、剣道経験者からは怒りの声も。

「競技」で使うための竹刀で暴力を振るわれていたことに、憤った視聴者は少なくなかったようだ。

こういった時代があったからこそ、「今」があるのだが、改めて振り返ってみると、あまりにも衝撃的すぎる光景だ。

・合わせて読みたい→教師の体罰を一番受けたのはあの世代!自分の子供にもOK?

(文/しらべぇ編集部・もやこ

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集