しらべぇ

ドラマの「キャストがいい」テレビ局ランキング 視聴率とも近い結果に?

エンタメ

TBS

各局とも、春ドラマのシーズンがやってきた。特番やバラエティなどに、新クールのドラマ出演者が番宣として出演するのも、おなじみの光景だ。

前シーズンは、元SMAPの木村拓哉が主演したTBS日曜劇場『A LIFE』を筆頭に、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)、『嘘の戦争』(フジテレビ系)などが話題を呼んだ。

では、世間的に「ドラマのキャスティング」の評価が高いのは、どのテレビ局なのだろうか? しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,361名に調査を実施。結果を男女別に見てみよう。

 

■TBSが1位! 男性はNHKを評価

ドラマ

僅差で1位となったのは、TBS。さすが、古くより「ドラマのTBS」と言われてきただけのことはある。

日曜劇場『A LIFE』を例に取れば、主演のキムタクだけでなく、浅野忠信、竹内結子、松山ケンイチ、及川光博、木村文乃などが光った。

民放を抜いて2位に入ったのは、NHK。大河ドラマでは一流のキャストをうまく活かし、朝ドラではフレッシュな顔ぶれを抜擢するなど、たしかにキャスティングの妙が伺える。

テレ朝、テレ東は、少なくともキャスティングにおいてはあまり高い評価を得ていない。

 

■女性はTBS・日テレを評価

ドラマ

一方、女性はやや傾向が異なる。1位は男性と同じくTBSだが、男性より多くの支持を集めた。

また、2位は視聴率が全般的に好調な日本テレビ、3位は「月9」枠を誇るフジテレビがNHKを上回った。

日テレとフジは、やや女性受けするキャスティング、NHKは男性に評価されるキャスティングをする傾向があるようだ。

 

春ドラマのキャスティングへの評価は、この調査結果どおりになるのか。放送を楽しみに待ちたい。

・合わせて読みたい→21時台ドラマはもう時代遅れ?「リアルタイム無理」な人は半数

(文/しらべぇ編集部・盛山盛夫

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集