しらべぇ

まじかよ!飲食店で料理に入っていた「とんでもないモノ」3選

ライフ

(Ingram Publishing/iStock/Thinkstock )

(Ingram Publishing/iStock/Thinkstock)

飲食店で注文した料理の中に、「髪の毛が入っていた」「小さな虫が入っていた」というのは少なからず聞いたことがある話だろう。

それだけでも不快さを感じてしまうが、それ以外にも想像を絶するようなものが入っていることもあるらしい。

しらべぇ取材班は、人々に「飲食店で料理に入っていて仰天したもの」を調査してみた。

 

①丸めてくしゃくしゃになったメモ紙

「ラーメン屋で、ラーメンを食べていたら、スープの底からくしゃくしゃに丸めたメモ紙が出てきました。うっすら読めた文字的に、

 

お店で管理している食材のチェック表のようでしたが。丸めたメモ紙といえゴルフボールくらいの大きさはあり、どうミスをしたらこのメモ紙が入るのか…。

 

すごく不思議だし、そんなのが入っていても気づかないほど適当につくってるってことなのかな〜と思ったら、もう行く気もしなくなりましたね」(男性・26歳)

 

②節分の豆が大量に…

「そこそこ高級なイタリアンのお店に行き。パスタを食べていたら、中から節分の豆が出てきて…。高級店って奇抜な料理が多いから、

 

こういうものなのかな…と思っていたんですが。パスタを食べれば食べるほど、奥からどんどん豆が出てくるし、パスタに節分の豆はあわず、おいしくない…。

 

さすがに店員に確認してもらったら『スタッフが食べるまかないで、ふざけて入れたものを、間違えてお客様に運んでしまった』と謝罪されました」(女性・29歳)

 

③レゴブロックが出てくる

「その中華料理屋は、一家経営のようで。お子さんと思しき、小さな子供をよくお店に連れてきていたんです。

 

ある時、注文した麻婆豆腐を食べていたら、中からレゴブロックが出てきて。指摘したら、『あははは〜。ごめんね〜。子供のが入っちゃったみたい』と。

 

笑いながら謝罪されて終わりで、料理をつくりなおしてくれることもありませんでした。美味しいお店でしたが、これ以来は行かなくなりましたね」(女性・36歳)

 

飲食店の料理といえど、おかしなものが入っていることもあるようだ。食べる際には、気をつけたほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→【超コスパ】ローソン『150円中華定食』の裏技!実際に作ってみた結果…

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

関連記事

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集