しらべぇ

手帳や名刺・携帯電話…財布忘れて飲食した時に預けたものは

ライフ

(sunabesyou/iStock/Thinkstock)

(sunabesyou/iStock/Thinkstock)

午前の仕事を終えて、一息つけるランチタイム。会社の近所にフラッと出るだけと油断して、財布を忘れてしまったことはないだろうか。

しらべぇ編集部の調査では、「財布を忘れて飲食をしたことがある」人の割合は全体で9.1%。

女性は5.8%とかなり低い割合だが、男性は12.4%と1割以上が経験者となっている。

行きつけの店であれば「次でいいですよ」と言われることも多いだろうが、そんな関係ではない店の場合は、どうやって切り抜けているのか?

 

■取引先に財布を落として

「資料を出し入れした時に取引先で財布を落としたようで、電話がかかってきました。それが最寄り駅のそばで、ちょうどランチを食べ終わったタイミング。駅から少し離れているので、届けてもらうのも悪いし…。

 

お店の人に事情を話したら胡散臭そうな表情をされて、正直焦りました。そのまま一旦店を出たら怪しまれると思って、『代わりにこれを置いてゆきます』と手帳を預けて、走って財布を取りに行きました。担当者には笑われるし、お店の人もダッシュで戻った姿に笑ってくれましたけど、あんな失敗は二度としたくないです」(20代・男性)

 

■みんなランチで

「事務仕事なんで、お昼はリフレッシュを兼ねて外に出るようにしています。その日はたまたま初めての店に入って、ランチを食べて帰ろうとしたら、財布を忘れていることに気づきました。デスクの上に出しっぱなしなのを思い出して、会社に電話を入れたのですが、電話当番の子が1人残っているだけで全員ランチに出ていて。

 

スマホケースに入っていた名刺を出したら、店員さんは『近いし、後日でいいですよ』と言ってはくれましたが、正直“もう一回来るのは、微妙”と思った店だったんですよ。(笑)なので急いで会社に戻って、お金を払いに行きました」(30代・女性)

 

■異動前日に

「別のオフィスに異動になる前日バタバタしていたので、行きつけのランチの店でごはんを食べながら、引き継ぎ資料の見直しをしていました。資料を持って出るのに頭がいっぱいで、財布を忘れていたことに帰るときに気づいて…。

 

顔見知りの店員さんに『また来た時で…』と言われましたが、『明日から別のオフィスだから』と、携帯電話を人質ならぬモノ質として置いてゆきました。戻ったら『こんな大事なものを置いていかなくても、良かったのに』と言ってくれて、ほっこり。今でも前のオフィスに行った時は、その店にランチに行っています」(40代・女性)

 

人質ならぬモノ質――仕事で大事な手帳に加え、今や日常に手放せない携帯電話は、“必ず戻って来る”意思を示すのに適したアイテムといえそう。

とはいえ、出かける時に財布を忘れないようにするのが一番だ。

・合わせて読みたい→「愉快なサザエさんなんて嘘!」財布を忘れて外出した人の体験談

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日
対象:全国20代~60代の男女1340名

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集