しらべぇ

周囲に趣味を隠す理由 社会人はうわさ好きの社員を恐れて…

ホビー

(DKsamco/iStock/Thinkstock)

(DKsamco/iStock/Thinkstock)

せっかくのめり込むくらいの趣味があるのに、周囲の目を気にして隠している人たちがいる。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,400名に「趣味について」の調査を実施。「周囲に隠している趣味がある」と答えたのは、全体の26.4%であった。

 

■近年はオタクにも理解が広まる

性年代別で見ると、30代男性が一番多い結果となっている。

趣味を隠す性年代別グラフ

「アイドルオタクなんですが、会社では隠しています。自分の年齢を考えると、引かれることを恐れて言えないままですね」(40代・女性)

 

また女性では、年代が上がるにつれて割合が少なくなっているのが印象的だ。

「昔はアニメが好きなんて周囲に言いにくい状況があったけど、今はそれなりに理解が広がってきていると感じます。会社にも何人か二次元好きがいるので、一緒に盛り上がるのが楽しくて」(30代・女性)

 

アニメやアイドルなどのいわゆるオタク趣味は、マイノリティとされた時期もあったが、むしろ現在では文化となり、隠す必要もないと思う人も多いようだ。

 

■会社員が恐れるのはうわさ好きの社員

職業別で一番多いのは会社員で、3割を超えている。

趣味を隠す職業別グラフ

会社員が最も恐れているのは、変なうわさが広まること。

「趣味が広まるだけなら別にいいのですが、いらない尾ひれをつけて広める人が会社にいるんです。面倒にならないように、黙っているのが賢明だと判断しました」(40代・男性)

 

「10代のアイドルが好きって言うと、ロリコンと思われて引かれるので。ただ応援するだけで、もちろん恋愛対象として見てはいないのですが、そんな気持ちを理解してくれる人は少ない」(30代・男性)

 

趣味に対して寛容な社会になってきたとはいえ、自分と違う考えを受け入れられない人はいつの世にもいる。そんな一部の人のために、隠す選択をする人も多いようだ。

・合わせて読みたい→アニメ大好き人間にドン引き 何歳までがボーダーライン?

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集