「胸チラ見」常習犯注意!その視線、女性にはバレていることが判明

男女

2016/11/21 05:30

©ぱくたそ
(©ぱくたそ)

冬になると厚着する機会が増え、夏と比べて肌の露出は減るだろう。しかし、女性たちが厚着しているからといって気を抜いてはならないのが、胸元への意識だ。

しらべぇ編集部は、全国691名の女性に「男性からの胸元への視線を感じたことがある」人の割合を調査。経験者は、29.2%という結果となった。

 

■20代は意外と胸元に鈍感?

年代別に比較すると…

sirabee20161113munamoto

40代の割合がもっとも多く、約4割という結果になった。20代と比較すると、その差は15ポイントにも及ぶ。

その20代だが、2割程度ともっとも少ない割合だ。露出が多いと言われがちな世代だが、当人たちはあまり意識していないのかもしれない。

 

■「チラ見」に気づいてる女性に聞いた

そこで取材班は、胸元の視線がわかるという女性を取材した。

「中学生の頃から視線には気付いていました。胸は大きいほうではないので、まさか、と思いましたね。

 

私と話しながらも、胸元をチラチラ見ている視線にはウンザリしていました。目を見ているようで、胸元を見ているという、あの『独特の視線』がわかる人は多いと思います。

 

今はもう慣れましたね。男性ってそういうもの、というように考えています」(20代・女性)

 

もう慣れたとのことだが、当時は悩んでいたという。

 

■浮気性な人は胸元への意識も高い

また、「二股以上したことがある」と回答した人にも注目したい。

sirabee20161113munamoto2

二股以上を経験した人の6割以上が、「胸元への視線を感じたことがある」という結果に。「そうではない」と回答した人との差は37ポイントにも及ぶ。

恋愛や性に関心がある女性は、気になる男性からの胸元への視線を感じ、今後の進展の判断材料にしているのかもしれない。

もしくは、それほど男性を観察している、といえるかもしれない。いずれにせよ、胸元への意識は高いといえるだろう。

 

女性の3人に1人が感じている、胸元への視線。

バレていないと高をくくっている男性には思わぬ衝撃だったかもしれないが、その視線に気づいている女性たちからの男性への視線はもっと恐ろしいものだろう。

・合わせて読みたい→【ヒントは「こじはる」にアリ】 女性でも胸の谷間をチェックする心理とは?

(取材・文/しらべぇ編集部・伊藤大生
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1,387名(有効回答数)

あなたにオススメ