しらべぇ

SNSの「アニメアイコン」は著作権的に大丈夫?弁護士に聞いたところ…

コラム

アニメアイコン

画像は『プリズマ☆イリヤ』公式サイトのスクリーンショット

レイ法律事務所・弁護士の河西邦剛です。

好きなアニメキャラクターをFacebookやツイッターのアイコンにする方がいますよね。みんなやっていることだし、大丈夫だろうと思っている方が多いかと思います。

しらべぇ編集部の調査でも、「著作権的に問題だ」と考える人は男性で2割、女性でも3割ほど。

アニメアイコン

でも、本当に法律上問題ないのでしょうか?

 

■「複製」「公衆送信」にあたる

キャラクターが描かれた絵やアイコンが著作権法上の著作物に当たることは異論のないところです。

利用者がSNS上のアイコンをアニメキャラクターの画像にすることは、他人の著作物を利用することになるわけですね。

著作権法上はSNSのアイコンにアニメキャラを用いることは、「複製」や「公衆送信」という行為に当たります。

 

■「私的使用」なら問題ないが…

もっとも、この「複製」や「公衆送信」であっても、私的使用に該当する場合には、著作権法上は損害賠償責任や刑事責任を負うことはありません。

そうすると、問題となるのはSNS上のアイコンをキャラ画像にすることが私的使用と言えるかどうかになってきます。

著作権法上、私的使用とは、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的をするときをいうとされています。

SNSのアイコンにキャラクターを使用することは、「個人的に」と言えるような感じもします。

 

■「家庭内やこれに準ずる」と言えるか?

しかし、SNSはで誰でも見えるわけで、閲覧できる人の多さを考えると、家庭内やこれに準ずる限られた範囲内とは言えないような感じがしますね。

アニメキャラをSNS上のアイコンで使用することについて、訴訟にまで至ったケースは今まではほとんどありません。

ですが、実際の裁判で争われた場合には、SNSのアイコンだから問題ないという判断が必ずしもなされるとは言えないでしょう。

河西邦剛弁護士

 

■商売に使う場合は危険

なお、最近は企業や個人が、「商業用のSNSアカウント」を取得することがありますね。

たとえば、ネット販売のみの個人商店がお店用のFacebook用のアカウントを取得し、商品の案内や販売をしている場合です。

この場合には、SNSアイコンにアニメキャラを用いるのが個人的な使用に留まる…ということはかなり難しいでしょう。

個人商店は1人で営んでいたとしても、サイトで商品の販売や広告をしている以上は営利目的で運営していることになるからです。

 

■著作権法は改正の動きも

もっとも、数年内に著作権法が改正される可能性があり、SNSアイコンの利用について事実上容認されているという状態が変わっていく可能性があります。

近年、著作権法の刑事処罰規定を「親告罪」から「非親告罪」にすることが話題になっています。

親告罪や非親告罪については、最近著名人の刑事事件で「強姦罪」は親告罪で、「強姦致傷罪」は非親告罪であることから、強姦罪で起訴するためには被害者の告訴が必要という報道が頻繁になされていました。

親告罪とは、被害者等の告訴がないと検察官が起訴することができない犯罪類型をいいます。

今までは、著作権法上の刑事処罰規定は親告罪とされていたので、作家や出版社から警察に対して告訴がなければ、警察が捜査することは実質的にほとんどありませんでした。

しかし、非親告罪に法改正されれば、被害者の告訴がなかったとしても検察官は起訴することができ、そうすると警察の捜査方針も改正前とは変わってくる可能性もあります。

 

■無断使用は避けたほうが無難

キャラクターの権利はあくまで作家や出版社にあるわけですね。

利用者が悪意はないものの、アニメキャラを利用し続けた結果、弁護士から突然、内容証明郵便が届き損害賠償請求をされたり、警察から著作権法違反で捜査を受けるという事態がありうるわけです。

こういった事態を防止する意味でも、アニメの公式サイトで配布されたもの等を除き、SNSアイコンに「無断で使用すること」は避けたほうがいいでしょう。

・合わせて読みたい→「好き」と公言したらドン引きされるアニメランキング! 第1位は…

(文/レイ法律事務所・河西邦剛弁護士

qzoo-200x94【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代男女1376名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集